第16期教養講座

  「簡単にわかる『方丈記』」

IMGP2671.jpg

やさしく古典を学べる講座です

 

「古典」と聞いただけで、

難しい!わからない!と思われている方は多いと思います。​

学校の古典学習は文法に偏り、内容や作者の思いはあまり印象に残っていません。​

題名や書き出しは覚えているのに、内容を知らない。

知らないで終わってしまうのは残念です。

行く川の流れは絶えずして、しかも本の水にあらず。淀に浮かぶうたかたは・・・」

で始まる原文は、どなたも学校で習ったと思います。しかし、序文だけが頭に残っていて、最後までお読みになった方は少ないと思います。

『方丈記』の作者「鴨長明」は平安時代後期から鎌倉時代を生きた人です。この時代は日本の歴史の中でもまさに大転換期です。大きな天災がある一方、武士が政の主役になっていく時代です。そんな中で、鴨長明は世間を離れて隠棲をし、世間と自分を見つめ書き綴った随筆です。災厄や末法思想が広まった時代背景の中で、仏教の『無常観』や乱世をいかに生きるべきかが伝わってきます。

講座「簡単にわかる『方丈記』」は、わかりやすい教材と多くの資料で、やさしく解説するため、簡単に『方丈記』がわかる講座です。

「古典」を読み進めると、その時代の言葉や思想、社会、地理、芸術、中国思想、文学、歴史、文化などの知識が必要になってきます。

それらに応じた資料を、できるだけ図や写真、絵を用いて解説します。

そして、思いを互いに話し合ってみましょう。

そんな講座を目指しています。

人生経験で「古典」がよくわかる

 

千年・二千年前と周りの環境が全く変わってしまったのに、「時代は変わっても人間は変わらない」、これが古典を読んでいて共通に感じることです。

何と人生経験により、その本質がよくわかります。心の終活におすすめです。

今が「古典」を学ぶチャンスです。